Pocket

大台町(三重県)に来て1年。

すっかり🚘車移動にも慣れました。慣れた、というよりも、🚘車移動は便利で楽なので、これにはまると🚋電車移動には戻れません。

前日、新宿(東京都)で撮影のお仕事のため小田急線でカメラと三脚を持って移動。帰りに、網棚に乗せた三脚を忘れてしまいました。

すぐに気が付いて和泉多摩川の駅員室に駆け込むと、新百合ヶ丘(しんゆりがおか:神奈川県)で無事保護できたとのお話。翌日、新百合ヶ丘に取りに行くことに。

 

小田急小田原線は新宿から小田原、箱根湯本まで走っている電車です。

通勤で使っていた頃は、自宅からの最寄り駅は「喜多見(きたみ)駅」だったので、そこまで🚲自転車で行き、各駅停車に乗り、成城学園前で急行に乗り替え、新宿方面に行く、というのがほとんどでした。

さて、今回は新宿とは逆方向の神奈川方面「新百合ヶ丘駅)」に向かいます。

←小田原方面      新宿方面→

大台町で生活する前の私だったら、

1.自宅→喜多見(🚲自転車)
2.喜多見→登戸(🚋各停)
3.登戸→新百合ヶ丘(🚋急行)

という手段で向かうはずでありますが、
🚘車移動のゆるゆるを知ってしまった私は

1.自宅→和泉多摩川(🚘車)
2.和泉多摩川→登戸(🚋各停)
3.登戸→新百合ヶ丘(🚋急行)

という手段を計画するのでした。

🚘車の場合は、喜多見駅周辺には駐車場が少ないので、駐車場が必要な場合は和泉多摩川に行きます。

和泉多摩川に移動する途中、カーナビで新百合ヶ丘を検索すると、

距離=6.7km

おや?

私が大台町で通勤している、自宅→役場は11Km。

毎日通勤している距離よりも短い。

これは新百合ヶ丘まで🚘車で行くか?・・・

と、この判断が命取り。

 

新百合ヶ丘付近まで順調に10分程度で🚘車移動。

しかし新百合ヶ丘周辺は駅ビルの駐車場に入ろうとする🚘車で渋滞していました。

おそらく、平日でしたらこの渋滞はなかったでしょう。日曜日だったので、買い物客が殺到。その時間帯にあたってしまったようです。

すっかり渋滞に対する耐性を失った私は、新百合ヶ丘周辺での駐車はあきらめ、他の駅を狙うことに。

戻っても駐車場が見つからず、結局新百合ヶ丘から3駅手前の生田(いくた)駅付近の駐車場へ。

生田駅から各停🚋電車に乗って新百合ヶ丘へ。

無事、忘れ物の三脚をゲット。

 

また、新百合ヶ丘ではお忘れ物お引取り乗車票なるものもいただきました。乗車料が無料になるならば、最初から小田急線に乗っていればよかった。

と思いながら、新百合ヶ丘で🚋電車に乗ったのも束の間。

生田駅を通り過ぎていきました。

そう、快速急行電車🚋に乗ってしまったのです。

 

快速急行🚋の次の駅は登戸(のぼりと)。ショックを抱えたまま登戸で逆方向のホームへ。

各停の🚋電車に乗ろうとするも、以降3本は急行🚋のみ。

結局、4本目に来た各停に乗って生田駅に行くのでした。

 

つまり、最終的な手段は

1.自宅→新百合ヶ丘(🚘車)駐車場見つからず引き返す
2.新百合ヶ丘→生田(🚘車)駐車場見つかる
3.生田→新百合ヶ丘(🚋電車)忘れ物ゲット
4.新百合ヶ丘→登戸(🚋電車)急行に乗ってしまう
5.登戸→生田(🚋電車)各停で戻る
6.生田→自宅(🚘車)

という感じで、

おそらく最初に計画した和泉多摩川で🚘車から🚋電車に乗り換えるパターンですと、30分程度で終わるミッションを、2時間かけてしまいました。

 

東京で移動手段を考える時、

🚲自転車

🚘車

🚋電車

の選択とともに、快速急行、急行、各駅停車を乗り間違えないように細心の注意が必要となります。今回は日曜日の移動だったので人もあまり乗っていませんでしたが、これが平日の通勤時間ともなると、ぎゅうぎゅうの満員状態。どっと体力も奪われていきます。

 

要は、🚘車移動だけを考えれば良い大台町は楽だよ~。っていうことを言いたい。

大台町に来た頃は、地元の人に「こんな何もなくて不便なところに良く来たね。」とよく言われましたが、「いえいえ、そんなことはありません。」と答えます。

東京は何でもできるスマホみたいなもの。機能はたくさんあるけど、使いこなすのに非常に苦労します。また結局使いこなせない機能もたくさんあり、持て余してしまいます。

その点、田舎はガラケーみたいなもの。通話の機能だけなら簡単だしバッテリーも長持ちのガラケーが一番。移動は🚘車一台あればOKなので、ガラケーのようにいろいろ考えなくてすみます。

東京の通勤、移動に疲れたら、田舎の🚘生活は良いよ。