Pocket

大台町を想うとき、景観の美しさ、清き水、小鳥のさえずり、さわやかな空気、地元で採れる山菜…自然がからだの五感を振るわせます。
しかし、自然も放置されたままでは、この素晴らしさは保たれません。先人たちが地域の暮らしを守るために手を加え、知恵を伝えてくれたお陰です。
大台町の産業でもある大台茶もその一つです。
人が来たらまずはお茶でもどうぞ、仕事の合間にお茶をいっぷく。人をつなぐ、時間をつなぐ。お茶は空間を和ましてくれる素敵なアイテムです。最近は海外でも緑茶人気が高まっているそうです。健康にも美容にもいいといわれるお茶が大台町で生産されていることがとても嬉しいです。
何かとあわただしい日々を送りがちですが、気の置けない人たちとお茶を飲みながら気負うことなく豊かな自然や情緒を次世代の大台町へとつなぎたいですね。
 大台ヶ原・大峯山・大杉谷ユネスコエコパークとして登録された大台町。五感を振るわせる豊かな自然が登録に至った大きな要因です。大台町に住む人はもちろんのこと、大台町を行き交う人たちも“ほっとできる”町、“人と人とがつながる”町、“つながることで人も町も元気になる”そんな大台町になればいいなと思います。

大台ヶ原・大峯山・大杉谷
ユネスコエコパーク
大台町推進委員   楢井美江