Pocket

 2月13日、職場体験等受入事業所の感謝状贈呈式が行われ、大台町社会福祉協議会宮川支所と道の駅奥伊勢おおだいに特別感謝状が贈呈されました。この表彰は、長年にわたり職場体験やインターンシップにより児童生徒の勤労観や職業観の育成や学習意欲の向上に顕著な功績をあげたことを称えられたものです。
 社会福祉協議会宮川支所では、昴学園生活福祉系列の生徒をインターンシップに受け入れ、知的障がい者施設での実習や訪問介護に同行するなどしています。支所長の中村さんは、「高校生がインターンシップに来ているときは普段とは違う雰囲気になり、私たちも多くの利用者の方も楽しみにしている。これからも続けていきたい」と話されました。
 また、道の駅奥伊勢おおだいでは、町内の小・中学校、高校の児童生徒を職場体験やインターンシップに受け入れており、駅長の濱井さんは「地場の特産品などを扱っている道の駅がそのような受け入れをすることは自然なこと。職場体験等を通して地元を大切に思ってほしい」と話されました。