Pocket

みなさんこんにちは!大台町キャスターマミです!

大台町では、夏に各地区で夏祭りや盆踊りの行事がありますが、その中でも最も盛大に開催されるのが「千客万来夏まつり」です。

大台町の祭りでは唯一の花火の打ち上げも楽しめるお祭り。

このお祭りは、地域のみなさんで作り上げています。

今回は、この手作りのお祭りに秘められた舞台裏と、感動のステージのドキュメンタリーです!

祭り最大の目玉を事前取材

2016年7月。

テレビの取材クルーが、ある倉庫へやってきました。

ここでは夜な夜な人が集まり、何かを制作しているとのこと。

インタビューを受けるのは、大台町でヘアサロンを営むオシャレな男性。

彼はヘアサロンユミーの3代目オーナー佐藤祐基氏。

第10回千客万来夏まつりのステージ演出を担当されます。

夏祭り佐藤さん.jpg

それを見守るのが、第10回千客万来夏まつり実行委員会委員長、戸川洋行氏。

夏祭りTシャツ.jpg

番組では、千客万来夏まつりの見所や魅力を紹介し、毎年の目玉となるあるモノを紹介。

そのあるモノとは・・・

山車のミニオン足.jpg

細部にまでこだわったクオリティーの高さで、子供たちから大人まで見た人誰しもを魅了する、全てが手作りのキャラクター山車

山車を制作するために集まった町の職人たちが、約4ヶ月かけて完成させるものです。

今年は何のキャラクターを再現するのだろう?と、町のみんなは心待ちにしています。

当日は、子供たちがこのキャラクター山車で町を練り歩き、会場に入ります。

ネーミングに込められた夏祭りへの思い

戸川さんに夏祭りの名前の由来を聞いてみました。


「平成18年に旧大台町と旧宮川村が合併し、幼い頃から楽しみにしていた町の夏祭りが無くなってしまうことになりました。

楽しかった夏の思い出を作る場を無くしてしまっては、大台町の子供たちが可哀想。

子供たちのためにも、夏祭りを存続させるため大台町商工会青年部で始めたのが千客万来夏まつりでした。

名前を考える会議で青年部の個々が案を持ちより、投票で決めました。

「千客万来」は、自分の案です。

商工会青年部で始めた祭りなので、商売に絡めたという事もありますが、何しろ沢山の人に来てほしかったから。」


戸川さんは第1回と、第8回~第10回までの過去4回、千客万来夏まつりの実行委員長を務められました。

祭り当日は、大台町のみんなが主役

2016年8月15日、記念すべき第10回目の千客万来夏祭り

開始前のお昼、会場となった大台町役場駐車場は滝に打たれたような大雨でした。

子供みこし・キャラクター山車集合時間まで土砂降りだったにも関わらず・・・

みこしスタート時間には青空が!

たくさんの人の想いが天に届いたのでしょう。

実行委員会の山車制作職人たちが作り上げたキャラクター山車を見て、声を上げて喜ぶ子どもたち。

山車まえから.jpg

みこしと山車の練りは、子どもたちが主役です。さぁ頑張って!!

山車後ろから.jpg

ステージの幕開け

千客万来夏祭り会場に、みこし・キャラクター山車を元気に担いできてくれた子どもたちが到着しました。

とほぼ同時に、第10回千客万来夏祭りステージイベントの幕開け!

司会は松田金幸氏と私、大台町キャスターマミが担当。

太鼓まみインタビュー.jpg

オープニングは「奥伊勢宮川清流太鼓」と「大台山渓轟太鼓」のメンバーによる演奏です。

清流太鼓.jpg

轟太鼓.jpg

勇壮な太鼓演奏で雨雲を吹き飛ばしてくれたかのように、青空がさらに広がっていきました。


夏祭りといえば浴衣ですよね。

浴衣ファッションショーの時間です。

まずは子供達のステージ。

浴衣ファッションショー.jpg

それぞれに可愛く&かっこよく着こなしていて、カメラマンにばっちりアピールしています。

浴衣インタビュー.jpg

続いてはしっとりと可憐に、浴衣美人のみなさんのステージです。

浴衣コンテスト.jpg

華やかに過ごす、大台町の夏の夜。


大台町合併10年を記念して作られた演舞曲「おおきん大台」。

第9回の千客万来夏祭りでは、出来たばかりの「おおきん大台よさこいバージョン」をダンスチーム清龍がお披露目されました。

今回は事前にエントリーしてくれたチーム「OM-4」のみんながこの「おおきん大台よさこいバージョン」の創作ダンスを披露。

ダンスチーム「OM-4(オーエムフォー)」は、大台三瀬谷小学校年生を中心としたチームです。

おおきんよさこい子供.jpg

衣装はリーダーのママが手作りしてくれたそうで、みんな似合っていて可愛いすぎです!

そして今年も、去年あまりのカッコよさに大台町の話題の的だった「清龍」が登場!

カメラやビデオカメラを構えるギャラリーの数がすごいです!!

アンコールでは、なんとサプライズ「清龍×OM-4」コラボ演舞!!!

コラボ2.jpg

10周年にふさわしい感動のステージとなりました。

おおきんコラボ.jpg

夜も更けてきて、千客万来夏祭りもいよいよクライマックスへ・・・

恒例の盆踊り。

盆踊り.jpg

大台町の夜空を彩る花火の打ち上げ。

花火.jpg

豪華景品が当たる抽選会。


第10回千客万来夏まつりで、10年間勤めた実行委員長は後任に引き継ぐと、祭りのステージで最後の挨拶をされた戸川さん。

「みんなが主役となる祭りを!と始まり、10年目を迎えることができたのはみんなのおかげです。

これからこの祭りが、10年、20年と続き、三重県を代表するような祭りになっていってくれれば・・・」

最後に

2017年4月。

第1回会議.jpg

第11回千客万来夏まつり、第1回夏まつり実行委員会が開催されています。

会議風景.jpg

10年大台町で笑顔を繋いできたお祭りの、新たな1ページがまたスタートしようとしています。

第11回千客万来夏まつり

2017年8月15日開催。

17757231_1501870236521353_6742209079370892517_n.jpg

【開催日時】2017年8月15日(火)17:00~

【場所】会場大台町役場駐車場周辺

〒519-2404 多気郡大台町佐原750番地

【お問い合わせ電話番号】0598-82-1411(千客万来夏まつり実行委員会)

【公共交通機関でのアクセス】JR紀勢本線「三瀬谷駅」から徒歩約10分。

車でのアクセス紀勢自動車道「大宮大台IC」から突き当たりを左折(大台町方面)後約1分。 会場は大台町役場駐車場周辺です。

今年の千客万来夏まつりに、ご期待ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます♪