Pocket

みなさんこんにちは!大台町キャスターマミです!

2017年3月に大台町にも「ダムカレー」が誕生しました。

ダムが2つある町、大台町。

三瀬谷ダムと宮川ダムのうち、宮川ダムのダムカレーとして、宮川ダム近くのお店で提供される噂のメニューを試してきました!

ダムカレーとは

ご飯をダムに、カレーをダム湖に見立てたカレーライスを、ダムカレーと言います。

黒部ダムが完成した昭和30年代後半、黒部ダム近くのレストランで提供されたダムをかたどった「アーチカレー」が、ダムカレーの前身となったそうです。

長野県大町市で2009年にご当地グルメとして複数飲食店で「黒部ダムカレー」が展開されたことで、ダムのある日本各地で「ダムカレー」が広まり始めました。

2015年には「日本ダムカレー協会」が立ち上がり、こちらのホームページで全国各地で提供されているダムカレーの情報をチェックすることができます!

宮川ダムカレーの誕生

日本ダムカレー協会に登録されているダムカレーの数は、2017年3月10日現在で、99基。(ダムの数え方に合わせて「基」で数えるみたい。)

三重県内でダムカレーを提供しているのは、津市芸濃町にある錫杖湖水荘のレストラン湖水で出されている「安濃ダムカレー」のみでした。

大台町にはダムが2つもあるのに!

ダムマニアのみなさんにお越しいただく際、是非ダムカレーも共に味わってもらいたいという思いで、宮川ダム近くの食事処「花咲くところ」がリニューアルに合わせ、「宮川ダムカレー」を開発しました。

鹿肉ホロホロ!誰もが唸る本格インドカレー

宮川ダムカレーの特徴は、地元奥伊勢産の新鮮な鹿肉を使用していること。

カレーアップ.jpg

鹿肉といえば、臭みが気になるのでは?硬いのでは?というイメージがあるかもしれません。

しかし、特別な仕入先からの鹿肉は、全く臭みがなく、調理法により柔らかく仕上げることも可能です。

鹿肉は牛肉に比べ、カロリーは半分なのにタンパク質は多く含まれています。

また、鉄分豊富なので、貧血予防に最適です。女性には特に嬉しいですよね。

DHA(ドコサヘキサエン酸)などの多価不飽和脂肪酸も含まれているため、中性脂肪を減少させるダイエット効果も期待されています。

何よりもの魅力は、奥伊勢で獲れた天然肉であるため、添加物が含まれていないことです。安心して食べることができるのは嬉しいですね!

8時間かけて煮込んだ鹿肉は、高級レストランでいただく牛ほほ肉煮込みのようにホロホロ

14種類のスパイスをふんだんに使って仕上げられた本格インドカレー、絶品です!

ダムカレー.jpg

宮川ダムの赤いゲート部分は、パプリカの自家製ピクルスで再現してあります。

これがカレーによく合う!

地元大台町産の野菜サラダは、自家製の人参ドレッシングでいただきます。

サラダアップ.jpg

全てが手作り!体にやさしいものばかりです。

一度食べたら病み付きになる、魔法のダムカレーがここにありました!!

あとがき

宮川ダムカレーは、小鉢とコーヒーか紅茶がついて、1,200円(税込)です。

この宮川ダムカレー、スープカレーも新たにラインナップされました。

どちらにしようか迷ってしまいそうですね♪

また、「宮川ダムカレー」を鹿児島枕崎産の本枯れ節で丁寧に取った出汁でのばした特製スープを大台町内で行われるイベントで出店し、イベント価格での提供も予定しているとのこと。

カレースープ.jpg

このスープも、ご飯やパンによく合います!イベント限定なのでお見逃し無く♪

詳しくはお店までお問い合わせください。

花咲く外観.jpg

秘境大杉谷の食事処 花咲くところ

住所:三重県多気郡大台町桧原547-2

電話:0598-78-3088

営業時間:11:00〜16:00(土日は当日15時までの予約で19時まで営業)

定休日:月曜

宮川ダム湖では、暖かい季節に「宮川ダム湖観光船」が運航しています。予約が必要ですが、合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか♪

宮川ダム周辺で、ゆっくりとした休日をお過ごしください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます♪