Pocket

みなさんこんにちは!大台町キャスターマミです!

大台町江馬にある会社、株式会社丸八土建を訪問しました。

株式会社丸八土建は「法面工事を通して、三重県の自然再生と環境整備に貢献することを目標」とする会社。

あしたば看板.jpg

工事関係のお話を聞かせてもらうのかな・・・と丸八土建さんに到着。

今回は、大台町の特産で商品開発に取り組む、美しい女性たちを取材しました!

建設会社の事務員5名の女性が取り組むことは

  ―こんにちは~!

丸八土建の事務員さんが迎えてくださいました。華やかな女性たち!!

あしたばお迎え集合写真.jpg

「あしたば事業部の開発する商品を紹介します」

―あれ?丸八土建さんの取材ではなく?・・・あしたば事業部って何ですか?

「わかりやすく漫画で説明します♪」

あしたばマンガ1.jpgあしたばマンガ2.jpg

―この漫画、分かりやすい!!

ゆいさん「私が描きました♪イラスト担当なんです。」

あしたばゆいさん1.jpg

なるほど。丸八土建の事務員さんで「ものづくり」への挑戦をされているのが「あしたば事業部」。最初に開発されたのが、大台町の特産である伊勢茶を使ったフェイスマスクだったんですね。それがなかなか上手くいかず。

満を持して出来上がったのが、大台町の特産柚子を使った商品、「柚子香(ゆずか)」というわけだー!!

大台町の特産「柚子」を使って商品開発

―最初は伊勢茶を使われ、次に柚子に着目された理由は何ですか?

「大台町で作っているから、大台町の特産が使いたかったんです。

大台町の特産ということで、最初に浮かんだのがお茶

次の商品を作るとなった時に、椎茸?鮎?ふき?と色々考えてみましたが、昔から全国各地で柚子の種を焼酎につけて自家製化粧水が作られていたという話を聞いてことがあって、柚子湯も昔からあるし、肌にいいんじゃない?柚子でいこう!!と決まったんです。

柚子の香りが好きな女性も多いですしね。柚子の香り、柚子香というネーミングにしました。」

あしたばあきさん2.jpgあしたばあきさん1.jpg

笑顔が可愛い、あきさん。

―商品開発で苦労したところは?

ひとつ決める毎に苦労はありました。

すったもんだってこういうことを言うんだなぁ・・・と。容器選びひとつで1、2ヶ月足踏みしました。

やっとのことで決まった化粧品の製造販売元の担当者の方には、東京から何度も足を運んでいただきました。不思議なご縁で、その方の親戚が大台町薗だったんです。

そんなご縁もあり親しみを感じてくれたようで、良いものを一緒に完成させるためにと、何度も試作を繰り返してもらいました。

天然物にこだわってオーガニックでとしてしまうと、どこかで使い心地など我慢しなくてはいけないところが出てくるんですよね。

出来る限り肌に優しく、でも自分たちや子育て世代や仕事を頑張っている女性たちが使いやすいものにしたかった。

いちいち冷蔵庫に入れないといけないとかは面倒ですよね。ジレンマはありましたが、保存料はパラベンを使わずに天然のもので防腐効果のあるものを使うなど、商品としての魅力、効果を極力保ちながら、アドバイザーの方にも入っていただいて、時にはバッサリ斬られながら、納得がいくものを開発しました。」

あしたば会議風景.jpg

建設会社の事務員と商品開発事業の両立

―商品開発をしながら、事務の仕事もされている??

「そうです、私たちは普段事務の仕事をしています

化粧品専属のスタッフはいません。5人全員が、普段の仕事+柚子香の業務をしています。

事務の仕事だとルーティンワークで予定を組めて、経験が伴うとスムーズに進む仕事だけれど、ものづくりは全くスムーズに進まないことがわかりました。

ひっぱっていってくれるリーダー、あしたば事業部の部長がいたからここまでやれました。」

あしたばのりこさん1.jpgあしたばのりこさん2.jpg

あしたば事業部の部長、少し恥ずかしそうな様子の、のりこさん。

―従来の事務の仕事と、新しい化粧品の事業を平行してされているんですか!忙しそう!

「働く主婦が子育てと仕事を両立することに似ています。

本業の合間を見つけて化粧品の仕事をする。スタッフ全員が時間を作ってミーティングをする。

コミュニケーション力や時間を調整する力は男性よりも女性の方が長けているのでは、ということは普段の日常生活の中でも思いますね。

例えば子供が熱を出したとかのイレギュラーな事態になると、仕事は綱渡り状態。ギリギリです。片手間ではないかという目で見られることもあります。

社内の本業がおろそかになっているのでは?反面、化粧品の売り上げ伸びているのか?と両方が求められます。当たり前なんですけどね。

いつかは化粧品で独立するぐらいに頑張りたいと思っています。」

今まで発売していた商品が、柚子香オールインワンジェルと、柚子香クレンジングウォッシュ

ashitabaゆうこさん.jpgあしたばゆうこさん2.jpg

こちらも恥ずかしそうな、ゆうこさん。商品をPRしてくれています。

が!!

この春、新たな商品がラインナップするのに合わせて、オールインワンジェルがリニューアルするそうです!!

新商品が仲間入り&オールインワンジェルがリニューアル

―オールインワンジェルはどのようにリニューアルするんですか?

「今までの商品に使用していた柚子はもちろん国産だったんですが、地元産ではなかったんですね。そこで、リニューアル後は地元三重県産の柚子にこだわり、100%三重県産が実現します。

柚子精油は三重県産、さらに柚子種子エキスは大台町産です。

中身は現商品よりさらにしっとり感を増した使用感に、容器はプッシュタイプでさらに使いやすく、デザインにもこだわった箱に入れてお届けします。

クレンジングウォッシュもいずれはパッケージを合わせて、お客様の声を反映させ、どんどん良い商品にしていけたらと思っています。」

あしいたばみきさん1.jpg

新しい箱を持って説明してくれている、みきさん。

―それでは、新しいアイテムについて教えてください!!

「新アイテムは、UVフェイスパウダーです。

三重県産の柚子精油を使用した、天然の柚子の香りがさわやかなフェイスパウダーに処方が決まりました。

毎日使えるように、ノンケミカルでお肌への優しさを一番に考えました。

化粧直しをしながら紫外線対策にもなる一石二鳥のフェイスパウダーです。

紫外線が気になる時期に合わせ、4/5にデビューします!!」

あしたば新商品.jpg

「あしたば」事業部に込めた想い

―ところで、ずっと気になっていたんですが、あしたば事業部と名付けたのはなぜですか?

「あしたばの名前の由来ですね。『あしたば』という植物が今日切られても明日には葉が出ると言われるほど強い生命力を持っていることから事業部の名前にしたんです。

自分たちもあしたばのようにタフにいきいきと活動しようとの想いを込めて付けました。

名前って大切ですね。おかげさまで成功しているかどうかはともかく、チャレンジし続けるパワーはあるように思いますもの!」

―あしたば事業部さんの今後の目標は?

「柚子香を気に入って使ってくださるリピーターさんはいるんですが、新規のお客様の開拓が難しい。

柚子香を知ってもらうにはどうすればいいのか?商品には自信があります。

知名度を上げることが課題だと思っています。」

あしたば集合写真.jpg

あとがき

地元の特産を使った商品開発をという想いで、大台町の柚子で化粧品を作っているのは女性5名の事務員さん。

自分たちの目線で使いやすいものを、肌に優しいものをとこだわりぬき、地元の良さもPRしたい。

そしてもちろん、通常業務も完璧にこなしたい。

奥伊勢の欲張り女子たちは輝いている!!

柚子の香りに癒されると共に、彼女たちのパワーにもあやかれるかも!?

ということで、私も一緒に写真を撮ってもらいました♪

あしたば&まみ.jpg

実は、私も使ってます♪

お肌には優しいし、お手入れは楽だし、香りが良くて癒されるし♪

ぜひみなさんにも試してもらいたいな!!

お申し込み・お問い合わせ

株式会社丸八土建 あしたば事業部

0120-003-655(平日9時~17時)

三重県多気郡大台町江馬668-1

最後まで読んでいただき、ありがとうございます♪