Pocket

みなさんこんにちは!大台町キャスターマミです!

昨年の秋、連日の雨から一転、暑いくらいの日曜日。

各地でイベントが開催され賑わう中、大台町役場裏で開催された「奥伊勢 森の市」に行ってきました!

(2016年9月取材)

森のぬくもりを感じる数々の出店

「森の市」という名前の通り、森や木にまつわる出店がずらり。

森の市テント入り口から.jpg

たくさんのテントが並び、木のいい香りが立ち込めていて落ち着きます。

子供達は木にちなんだ工作やダーツを楽しんでいます。

森の市ダーツ.jpg

親子で参加できるワークショップもありました。

森の市ワークショップ.jpg

赤ちゃんも、木のおもちゃコーナーで夢中になってゆったりと過ごしていました。

森の市木のおもちゃ.jpg

各ブースに並んでいる森の製品はどれも魅力的で見入ってしまいます。

森の市盆栽.jpg

森の市棚・ネックレス.jpg

森の市ろうそく.jpg

森の市木のカッティングボード.jpg

森の市茅葺の家ミニ.jpg

ぬくもりを感じますね。

森の市くまのお皿.jpg

宮川森林組合も新商品をPR

県内外から多くの出店がありましたが、こちらのブースは地元「宮川森林組合」の出店です。

 宮川森林組合で以前取材した記事はコチラ → 日本中が注目する、新しい林業のカタチ

話題のアロマオイルやアロマウォーター、蜜蝋クリーム、燻製チーズ、燻製チップが並んでいました。

こちらは「実生栽(みしょうさい)」

森の市実生栽.jpg

これからさらにPRし本格的に販売していくというこれらの商品。

PRしていたのは宮川森林組合林業振興課の中須真史さんと、大台町の地域おこし協力隊員、前北理恵さんです。

森の市森林組合.jpg

森の図書館

なにやら子供たちが集まり始めました。

出張図書館・奥伊勢森の市「森の図書館」として三重県立図書館と大台町立図書館がコラボして、森の市ステージでお話が始まります。

森の市図書館.jpg

大台町立図書館司書の井澤さんによるブックトーク。森に関する様々な本の紹介がありました。

森の市読み聞かせ.jpg

私はこの地域の森に住む妖怪の話が気になりました。

大台町立図書館(会場から徒歩2分くらい)に移動。

建物の外で「森の図書館」が開かれていました。町立図書館の森にまつわる本、そして三重県立図書館から持ってきてもらった森にまつわる本が約100冊並んでいます。

森の市本.jpg

妖怪の本を借り、大満足。

次回「森の市」は2017年3月26日(日)開催

次回の「奥伊勢 森の市」は、「大台アウトドアフェスティバル」と同時開催。

会場は奥伊勢フォレストピア芝生広場です。

森の市出店イメージ.jpg

ショッピングを楽しんだり、体験したり、美味しいものを食べたり。

大台町の空気に包まれゆっくりとしたひと時を、家族やご友人皆様でお過ごしください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます♪