Pocket

ツキノワグマの目撃情報が大杉谷及び麓の大台町周辺で多々寄せられています。今年に入ってからは登山者の数も少ないため、登山道での目撃情報はありませんが、山小屋スタッフの情報によると、大台林道と山小屋の間の道に、真新しいクマの皮剥ぎの痕がたくさんあるようです。

現在、大杉谷国有林内では、大杉谷国有林外シカ捕獲等事業により、随所にくくりわなや箱わなが設置されています。昨年の7月20日(土)、粟谷小屋周辺に設置していた箱わなにかかったシカを、ツキノワグマが捕食する事案が発生しました。そのため、登山者の方は登山道以外への侵入、歩行はお控えいただきますようお願い致します。

特に単独での入山はお控えいただき、なるべく複数人で行動する、大台林道周辺では話し声を大きくする、熊鈴を付ける、スプレーを携帯するなどの対応をお願い致します。

また、堂倉避難小屋周辺での野営は禁止されている行為のため、絶対におやめください。シカを捕食したツキノワグマがまだ周辺にいる可能性が高く、大変危険です。

堂倉避難小屋で昼食をとる際は、残飯を捨てる等の野生動物にエサとなるものを捨てる行為はやめてください。ツキノワグマだけでなく、動物が集まってきてしまいます。生ごみも含め、全てのゴミは必ず持ち帰りましょう。

ツキノワグマによる被害を未然に防ぐためにも皆様のご協力をお願い致します。

ご不明点やご相談などあれば、登山センターまでお問い合わせください。