Pocket

上記は観光案内等でよくある「平等嵓」の写真です。

私は「そもそも嵓(ぐら)って何?」っていう状態から大杉谷に行ったもので平等嵓と言われて、何? どこ? という状態で写真を撮っていました。

嵓って岩壁のことを言うらしく、この写真でいくと右側にそびえる1枚岩のことを指します。正確な高さはわからないらしいですが、ドローンの高度計を見ていると150mくらいはあります。


なんで平等?

ところで、なぜ「平等」という名前がついているのでしょう? 

仙人(巽幸則氏)に聞いたところ、

「隣の嵓と見比べて、高さが同じだったので平等という名前がついた」

とのことで、2つの嵓が見えるところまで行ってみました。

それは、平等嵓吊橋からさらに250m奥に行ったところになります。

実はこの平等嵓吊橋から先がまた険しい登山道になっていて、大きな岩がゴロゴロした道をよじ登りながら進んでいかなければなりません。14kgのドローン機材を担いだ状態でこのよじ登りがきついのなんのって。

そして、苦労して見つけたのがこのポイント。

ぜひパノラマ写真でご堪能ください。

※大杉谷のドローン空撮は特別な許可を得て行っております。