Pocket

「彼を知り己を知れば百戦殆からず」

ということで、まずは敵の実態を探るべく、トレイルカメラを設置。

トレイルカメラ

私自身がこの付近で猿を発見しドローンで威嚇しました。
それが1/19(日)。
トレイルカメラを設置したのが1/21(火)。
猿の軍団が撮影されたのが1/25(土)。
つまり、6日後に同じ場所を通過したことになります。

6日後という周期が正しければ次は1/31(金)に現れるか?

もう一つこの映像でヒントが。

先頭の猿が現れるのが15:33。
最後の猿が通過するのが16:12。
つまり群れが移動するのに39分間かかっているのです。
すたすた先頭を進む猿がいれば、ちんたら遊びながら進む移動する猿もいるのですね。

1/19(日)、ドローンで彼らと交戦した際、地図上のトレイルカメラ設置場所付近でドローンから猿を探していました。すると地図の南側の山の上から鳴き声がしました。群れの一部が攻撃に合うと、先頭チームが心配になって声を上げる、という構図は薗川の時と同様です(参照=「ドローン vs サル 薗川の戦い #200120」。そして移動中の群れの長さが100m以上ということも。

そして、この映像データを回収したのが1/29(水)の昼。
データを回収しようと駐車場に車を停めたところ、茂原 (この地図のすぐ西側) で花火の音が。
どこで鳴らしているのか? 茂原のエリアを車で回ってみたのですが、誰がどこで鳴らしているのかわかりませんでした。役場の職員に聞いてみると朝から花火の音が聞こえた、ということなので、1/29(水)は朝から茂原に出没していたのでしょう。
トレイルカメラの映像では猿は左から右に移動しています。別の日、及び1/29で、右から左に移動している猿は映っていなかったので、恐らく移動は一方向に回っていて、入り口と出口が同じ、ということはないのではないでしょうか。つまり茂原に出没する場合は、別の出口からということ。
などが考察できます。

彼らの行動パターンが分かってきました。彼らの移動経路と行動パターンが読めれば対策を考えることもできるかと思います。

 

さて、

こちらはおまけ。

鹿の軍団!

 

トレイルカメラの映像は、こちらに集めています→「トレイルカメラ