Pocket


「昴(すばる学園)で大豆の収穫するので撮影しにきてください。」
と言われ、カメラを持って指定された場所に行くと、すでに指導のJA奥伊勢の方の説明が終わり高校生たちが収穫作業を始めようとしていた時でした。
学生たちが収穫しているものを見て、
「あれ? 枝豆じゃん? 大豆じゃないの?」
というと、
「???」
と困った顔でこちらを見ていました。
枝豆.JPG
未成熟で青い状態を「枝豆」と言い、完熟になったものを「大豆」と言うのだそうで、おじさんはその時は知らず、あとから先生に聞いて知ったのでした。
この学生の「???」という顔は(なんだこのおっさんそんなことも知らねーのかよ?)という顔だったのでしょう。
でも、他の学生ですが、「あ、ピーナッツだね」と言ったら「落花生ですよ!」と訂正されたので、「枝豆と大豆」、「落花生とピーナッツ」の違いを正しく完璧に説明できる学生はいるのだろうか? とも思いました。
そもそも自分のことを考えると、枝豆と大豆の違いを考えたことなどこれっぽっちもなく、大台町(三重県)にきて枝豆の収穫を目にしなければ一生考えることもなかったでしょう。居酒屋で枝豆を食べながら「枝豆って未成熟な大豆なんだぜ。」と誰かがうんちくを語っても「へぇ~、だから?」とスルーしていたかも。
そしてもう一つ気づいたのが、結構虫に食われて黒くなっていること。
居酒屋で食べるきれいな枝豆が当たり前だと思っていましたが、あれは農家さんが農薬を使いながら大切に育てたもの。虫に食われて黒くなって多少形が崩れて、というのが元来の姿なんですね。商品化されているものは、いかに騙されているか?
なんてことをおじさんは一人しみじみ思いにふけったりしていたのですよ。

たぶん大台町の人にとっては、「枝豆は大豆の未成熟品」ということは常識なのでしょう。
でも東京の人にとっては常識でなかったりするので、おっさんを馬鹿にする前に、それはビジネスチャンスだと考えた方が良いです。意外なものが東京では高く売れたりするので。
。。。と、自分の無知を問題すり替えしてみた。

DJI_0002.jpg

DJI_0015.jpg

三重県多気郡大台町茂原
Mobara, Odai-cho Taki-gun, Mie, 519-2514, Japan