Pocket

大杉谷の美しい峡谷、希少な動植物の保全活動や登山者の安全確保を目的とした「大杉谷入山協力金」の試行実施を行います。

期間:2019年10月5日(土)~11月24日(日)

対象:大杉谷登山歩道を利用するすべての人
(登山をされない方も目的に賛同していただける方は納入でます)

金額:1000円/1シーズン

納付方法:大杉谷登山センター(8:30~17:00)
大杉谷登山口、大台ケ原物産店に設置してある自動販売機(24h)

皆様から頂いた協力金の使途:
〇大杉谷の自然環境・希少な動植物の保全活動
〇大杉谷登山歩道の維持管理
〇登山者の安全確保、大杉谷の最新情報の提供など安全登山に関わること

【私たちの想い】

大杉谷登山歩道は昭和15年に一般の登山者を受け入れ始めてから、幾度もの危機を乗り越えてきました。2度の長期間にわたる通行止めや災害による大規模な被災も、関係機関が協力し、なんとか登山ができるようにと繋がれてきた登山道です。

しかし、時代の流れには逆らえず、大杉谷登山歩道の周辺は限界集落の過疎地となり、限られた人材と限られた予算の中でなんとか維持を行ってきましたが、徐々に難しくなってきている状態です。このまま大杉谷登山歩道の維持管理ができなくなってしまうと、山小屋の閉鎖、登山バスの運休など、登山者の方にとっても大杉谷に来ることが難しくなってしまいます。

そこで今回、なんとかこの美しい大杉谷を後世に残していくために、登山者の皆様にもお力を貸していただきたく、入山協力金の検討、施行実施に踏み切りました。大杉谷に関わる関係機関の皆様、そして大杉谷に来る登山者の皆様と共に、大杉谷をより良い登山道にしていきたいと考えております。

これからまた、台風シーズンがやってきます。私たちは遠くから来てくれる登山者の方々に安全に大杉谷を楽しんでもらえるように、一生懸命整備、情報発信を行って参りますので、皆様方のご理解とご協力、ご支援のほどどうぞ宜しくお願い致します。

なお、併せて大杉谷登山センターへの寄付金の受付も開始します。私たちの活動にご賛同いただき、ご寄付を頂ける法人様、個人の方からのご連絡お待ちしております。

入山協力金、寄付金についての詳細は順次Webサイトにてアップしていきますのでご確認をお願い致します。

みんなでこの美しい大杉谷を後世まで残しましょう。