Pocket

大台町ふるさと案内人の会の人たちが集まる喫茶店ラ・メールさんにて”おおだいフライト(川添地区)”を視聴していただきました。

ラ・メールにておおだいフライトを視聴

「おおだいフライト」は大台町をドローンで空から撮影する企画。
映像上に地名やランドマークなどは一切表示せず、大台町をただただダラ~っと空から眺めているだけなのですが、これがなんだかんだとジ~っと見てしまう。
「宮川ってこんなに川幅あるんだね。」
「あ、ラーメン屋だ。」
「あれ、ここ(太陽光)パネルになっちゃった。」
「ここ、この前火事で屋根がやけちゃったんだよね。白い屋根になってる。」
とか、ジモティ(地元民)ならではの会話に花が咲きます。

私も移住前、大台町で家を探す時に「栃原ってどんなところだろ?」とか「栃原と役場ってどれくらい離れているんだろう?」と疑問に思った経験がありますが、その時にこれがあればちょっとは役に立ったんじゃないかな、と思いました。
大台町は山や林があるので地図を見ただけじゃよくわからないんですよね。

おおだいフライトは、大台町東の端「千代(せんだい)」から西の端「大杉谷」まで撮る予定。やっと大杉谷自然学校の手前まで来たところで年末になってしまいました。千代から大杉谷へ、宮川の上流に向かって飛ぶときは北側を、折り返して飛ぶ時には南側を撮影しながら進みますが、途中、浦谷、栗谷等にも入っていきます。宮川南岸の最終は川合、大ヶ所、滝広方面でしょうか。

粟生(あお)にあるラ・メールは川添地区に映ってます
でもやっぱり大台町民としては役場のある三瀬谷は気になります
ラ・メール