Pocket

ケーブルテレビ(大台町行政チャンネル)でoTunes(おーちゅーんず)という番組を放送しております。
古き良き昭和歌謡曲をバックミュージックに大台町の景色をただダラダラと流すという、いかにも低予算!がバレバレな番組です。
しかしながら、そんな番組を結構応援してくれる人がいまして、「今回の松田聖子は良かった。サザンも良かったけど」などといろいろうれしいことを言ってくれます。
その中で一番多いのは、おおだいドライブに対するコメント。ただ単に車につけたカメラの映像を流しているものなのですが。。。
「俺んち通った!」とか、「以前、南岸に住んでたから最近の南岸の様子が見れて良かった」とか。
自分の知っているところがテレビに映るとうれしいものなんですね。
私的には、「へ~、見てくれている人がいるんだぁ」とちょっと感動。

ということで、乗せられると乗ってしまうタイプで、
ドライブ”をバージョンアップし、”フライト”を制作中。
ドローンで大台町を空から眺めます。
大台町の東の端「千代(せんだい)」から西の端「大杉谷」まで飛んで行く予定。
ネットでは編集で短くカットしていますが、oTunesではダラダラとノーカットで飛んでいきますよーー!!
おおだいフライトは来年1月後半から登場する予定。乞うご期待!

 
 

ちょっとだけ技術的な話をします。
おおだいフライトではドローンを2Km~3Kmほど飛ばします。バッテリー1本で余裕を持って飛べる範囲。
3Kmともなると手動で操縦するのは難しくなってくるので、自動飛行機能を使います。
といっても自動飛行のアプリがあるので設定は簡単。
地図上(衛星写真)に点を打ってドローンの飛行経路を指定します。
写真右側のメニューを見ていただくとわかりますが、ポイントを設定すると、「飛行予想時間(10分35秒)」や「飛行経路長さ(2571M)」などが自動で計算されます。
「飛行速度」や「飛行高度」も設定すると、その設定で自動で飛行してくれます。
今回は、時速18km/h、飛行高度80mで設定しました。
つまり、おおだいフライトは80mの高さから、自転車ほどのスピードで大台町を遊覧する、っていう感じの映像になります。
※ドローンの自動飛行には特別な許可が必要ですが、必要な許可は取得した上飛行しております。