Pocket

 5月9日、川添小学校3・4年生16人が茶作りアドバイザーである小笠原一城さんを講師に迎え、お茶作りを体験しました。
 児童は茶葉の成分を学んだ後、校庭で育てている茶葉を手摘みしました。茶葉を手もみする工程では、お茶の茎が固く力がいる様子でしたが、小笠原さんから「お茶は鮮度が大切。素早く手もみしてね。」と声がかかると、力いっぱい手もみしていました。
 出来上がったお茶を飲んでみると「いつものお茶とちがう。苦くなくておいしい!」と自分で作ったオリジナルのお茶を嬉しそうに飲んでいました。