Pocket

町では、満65歳以上で高齢者肺炎球菌ワクチンの任意接種を受けられた方を対象に、接種料金の一部を助成しています。この助成金は定期予防接種の対象者以外の方で、これまで予防接種を受けられていない方に助成を行っていますが、平成31年3月31日で終了となります。まだ受けていない方は、この機会にぜひ予防接種を受けましょう!予防接種を受けているかどうか不明な方は、役場健康ほけん課までお問い合わせください。

なお、高齢者肺炎球菌ワクチンの定期接種の対象者には通知をさせていただきますのでぜひ予防接種を受けましょう!

高齢者肺炎球菌ワクチン

◇対象者

満65歳以上の方

(ただし、定期予防接種の対象者(65・70・75・80・85・90・95・100歳)、過去に助成を受けられた方、健康保険等の適用がある方は対象外となります。)

◇助成料金(助成回数)

3,000円(1人につき1回限り)

◇助成方法

申請書に領収書を添付し、役場健康ほけん課、宮川総合支所町民室、各出張所に提出してください。申請書は町ホームページからもダウンロードできます。

領収書には接種者氏名・金額・ワクチン名がわかるものか確認してください。

※助成対象は、ニューモバックスワクチンのみです。

◇申請受付期間(助成終了期日)

平成31年3月31日(日)まで

 

※希望する病院に接種日の予約をしてください。(定期接種以外の方の予診票は病院にあります。)

 

 

 

小・中学校で「たばこの害学習会」を実施しています!

町では町内の小学6年生、中学全学年の生徒を対象に、学校と連携して毎年1回たばこの害について学習会を開催しています。
講師の呼吸器外科医師松島康先生(平成30年4月報徳診療所所長に就任)には、合併前の平成10年度から学校での講演をしていただいています。
未成年者が喫煙を始めるきっかけは、好奇心や友人からの勧めなどからといわれています。小学校6年生から4年間の学習会を受けていただくことで、たばこが健康にもたらす影響や依存性、特に青少年期の喫煙の健康への害等について学ぶ機会となっています。正しい知識を得ることで、喫煙する家族の健康を心配する意見も聞かれました。

 

問役場健康ほけん課 ☎82-3785