Pocket

栗谷は99谷があると言われ、もう1谷で100谷にならなかったので弘法大師はここを去り、高野山に金剛峰寺を創建したという話が伝えられています。昔から、奈良、京都、大阪との通路であり、伊勢や熊野詣での道筋でした。芦谷峠、湯谷峠、田引越、野々口越(尾放峠)、浦谷越などがあり、栗谷川へは大西谷川、谷口川、余谷川、五十田川、宮の谷川、西谷、芦谷、脇谷など、谷と山と峠の里です。山城峰や赤坂には砦があったとされ、お寺も3ヶ寺あり、北畠滅亡の悲話が最も多い区であるそうです。

古い念仏踊りや獅子舞いなどが現存しています。

現在では民泊が2軒とツリーハウスがあり、宿泊客をもてなします。体験工房夢楽(むらく)憩いの館では、そば打ちやこんにゃく作りを体験することができます。

 

区の概要

役員名称 人数(人) 任期(年) 役員名称 人数(人) 任期(年)
区長 1 2 区会計 1 2
区長代理 1 2 認可地縁団体 1 2

 

区民数(人) 世帯数 組数 区での管理
148 65 4 浅間(せんげん)山(さん)

 

大台町営バス停留所 栗谷口赤坂(あかさか)赤坂口柿(かき)平(ひら)下(しも)出(で)栗谷生活改善センター前下中(しもなか)木屋(ごや)上中(かみなか)木屋(ごや)中木屋橋大西谷口

 

組の概要

名称 中木屋(なかごや)組 谷口(たにぐち)組 下(しも)出(で)組 柿(かき)平(ひら)赤坂(あかさか)組
世帯数 11 15 9 12

 

各組の役員 人数(人) 任期(年)
役員 2 2

 

区の中の団体

名称 人数(人) 活動内容
栗(くり)谷(だに)睦(むつみ)クラブ 35 御(み)滝(たき)公園奉仕作業、栗谷区桜祭り協力参加、湯谷(ゆたに)峠(とうげ)付近草刈り、公民館ふれあいセンター清掃。

 

寄り合いなど

名称 参加対象 開催 概要
役員会 各組役員 2ヶ月に1回 必要に応じて開催
代表者会議 役員、代表者 年2回 桜祭り、盆踊りの打ち合わせ
総会 4月

 

区費など

入区費 なし
区費 年額 14,400円(月額1,200円)
その他負担金 認可地縁団体栗谷区会費年額3,600円、組費は各組によって異なる

 

行事など

名称 開催日 場所 詳細
元旦祈祷 1月1日 大陽寺(たいようじ) 参拝客30名程度。
山の神神事 1月 柿平地内 柿平赤坂組が主体となる。
 〃 1月 御滝(みたき)公園 中木屋、谷口、下出組が主体となる。
初午祭り 3月 観音寺 もち投げの開催。
桜祭り 4月 ふれあいセンターグラウンド 区の有志が主体となる。
浅間山神事 6月 御滝(みたき)公園
精霊送り、盆踊り 8月15日 ふれあいセンターグラウンド 約400年続く伝統行事。

 

清掃活動など

開催日 名称 概要
3月、4月、6月、7月、9月、12月 栗谷区共同墓地の清掃 不参加費500円

 

冠婚葬祭の際の役務

主体 概要
組役員2名が主体となる。