Pocket

春の訪れを教えてくれる、桜。

宮川の上流部から川に沿って広がる三重県・大台町は、桜の季節も例外なく美しい。水とともにある各所から眺める大台町桜巡り、大台町キャスターマミがおすすめプランをお教えします!

166.jpgのサムネイル画像

宮川ダム湖

まずは宮川を上流へ進み、大杉谷地区から見に行きましょう!

DSC_0031.jpg

宮川ダム湖。3000本もの桜が植えられているそうです。

見晴らしが良くて気持ち良いですよ!

さくらの里公園

春の宮川を眺めながら、宮川に沿って街の方へ下ってきます。

名前に「さくら」と入ったさくらの里公園。

ここは駐車場も広く、東屋もあるのでゆっくり桜と宮川、空と山の景色が堪能できます。

こちら桜の季節の写真ではありませんが・・・

さくらの里公園.jpg

真手丸山公園

真手丸山公園にはアスレチック遊具があり、子ども達が楽しく遊べます♪

DSC_0060.jpg

公園の奥には湖があって、そこには看板アヒルさん達もいます。広々とした公園で、休日をのびのび過ごすにはぴったりです!

もみじの里公園

大台町下真手、もみじ館すぐ側の旧宮川村玄関口にあるもみじの里公園。名前の通り、秋には紅葉が綺麗な場所です。桜の眺めも良いですよ!

DSC_0070.jpg

DSC_0066.jpg

DSC_0064.jpg

DSC_0062.jpg

もみじの里公園では大きなバス釣り大会も開催されるので、釣り客も多いです。

暖かい季節のSUPも最高ですね!

まるで水の上をお散歩するように宮川で楽しめるSUP(スタンドアップパドル)についての記事はまた後日!

ちなみに、紅葉の季節は彩りも鮮やかです。

もみじの里紅葉.jpg

大台町B&G海洋センター

大台町弥起井、B&G海洋センターに到着。ここは県内唯一の漕艇場。「奥伊勢湖漕艇場」は昭和50年の三重県国体でボート競技会場として使われました。

DSC_0057.jpg

宮川を挟んで両サイドに咲く桜、そして川の水面に写る桜・・・いつまでも見ていたい気分です。

ここでお花見弁当タイム♪

DSC_0053.jpg

DSC_0049.jpg

手作りで用意するも良し、お弁当屋さんに注文しておいて作ってもらっておくも良し♪

外でお花を眺めながらみんなで食べるお弁当は格別ですね♪

奥伊勢さくら公園

昭和13年から20年の8年間、全国の青少年が満州開拓に向け鍛えた宿舎があった場所だそうで、当時の記念品の展示もされています。

写真は冬に撮影したものですが、この場所も桜の名所のひとつです。

三重日輪兵舎.jpg

石碑.jpg

三瀬館跡

大台町上三瀬、三瀬館跡。

DSC_0076.jpg

DSC_0077.jpg

DSC_0078.jpg

伊勢国司8代北畠具教が隠居してから過ごした館のあった場所です。 1576年11月25日、織田信長の差し向けた刺客により謀殺された具教の胴体が埋葬されているという胴塚もあります。地元の方々が具教を偲んで桜の木を植えたそうです。

頭首工

大台町粟生の頭首工。伊勢方面への農業用水を取水している施設です。

DSC_0092.jpg

DSC_0090.jpg

あとがき

誰しもが愛する日本の心、桜。

待ち望んでいても、楽しめるのはほんの短い期間です。

短いからこそ、色々な表情が見たい。見ることを満喫したい。

清流宮川沿いを中心に見られる三重県・大台町での桜スポット巡りは、桜を様々な角度から楽しめる、おすすめの贅沢な時間の過ごし方です。

今年はあなたも、大切な人と巡ってみませんか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪