Pocket

はじめまして!

2016年4月1日より、三重県の中部に位置し、日本一の清流・宮川の上流域を占める町、大台町の地域おこし協力隊員となりました大台町キャスターマミです!

私の業務は、大台町の魅力を発信すること。

大台町の行政番組「お~ちゃん」のキャスターも務めさせていただいているので、キャスターマミという名前です!

今回は、大台町地域おこし協力隊着任直前、引っ越しエピソードを紹介します!

大台町空き家バンク制度を利用

大台町内にはアパートもたくさんあるのですが、広い一軒家がいい~!と探したのは大台町が運営する空き家バンク制度

ホームページ上で空き家情報を公開し、所有者と空き家の利用を希望している方を繋いでくれます。

まずは大台町ホームページから空き家バンクのページをチェック!!

いくつもの空き家情報が細かい写真と共に掲載されているので分かりやすくて、住み心地を想像してはワクワクしてしまいます♪

今出ているお家の中には「交渉中」となっているものもあります。

情報は随時職員によって更新されているので、常に新しい情報を見ることができます!!

そして驚いたのは、空き家の成約率の高さ!!
(2017年1月10日現在で、74件中47件が成約済)

多くの方がこの制度を利用し、大台町で生活されているのですね!!

新居は憧れの一軒家に決定

2016年3月某日、私は3軒くらいに候補を絞りました。

実際に足を運ばせてもらい悩んだ末、第一印象でここだ!と思ったお家に決めました!

私が決めたお家の所有者の方は三重県外にお住まいの方で、電話でのやり取りで進めさせてもらいました。

入居までに密に連絡を取っていたのですが、何でも相談に乗ってくれて(地域おこし協力隊の仕事も激励してくれて!)大家さん、なんて良い人なんだ!と感動しました!

早速の素敵な出会いに感謝しながら、これからの大台町生活にも期待に胸が躍りました♪

いよいよ引越し

約100kmの移動距離。(地域おこし協力隊員の引越しとしては近い方ですよね!)

これからお世話になる大台町の皆さんを始め、たっくさ~んの方々の手を借りて、引っ越し完了!!

荷物が多くてごめんなさい・・・(特に服と食器の多さよ・・・)

皆様、本当にありがとうございました(感涙)!!

おかげさまで今、快適・大台町ライフが送れています!!!

あとがき

見渡せば山々に囲まれ、身近にはいつも緑がある。

空気と水が美味しくて、浄化されるような気分です。

私が引っ越してくる少し前、2016年3月に、大台町と奈良県の1市5村にまたがる大台ケ原・大峰山・大杉谷ユネスコエコパークの拡張登録が認められ、町内全域がエコパークのエリアとなりました。

ユネスコエコパークは生態系の保全と持続可能な利活用の調和を目的としていて、これまで先人が積み重ねてきた自然に対する感謝する姿勢や、それからもたらされる恵みを産業として暮らしてきたことが「自然と人間社会の共生」しているモデル地域として世界に認められた地域なのだそう。

そんな場所に暮らせることを誇りに思いながら、今後も大台町の良いところをブログで紹介していきます!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました♪