Pocket

今日の練習は、身体の使い方、動きの連動性について自分達で考えて議論しました。

体が疲れる練習も大切ですが、頭が疲れる、頭がひらめく練習もかなり大切。これで練習の効率が上がる思います。そして、素人が議論するのですから合ってるか間違っているかは問題じゃない!と思いますし。
最近、考えるのが意味のある練習に伏線を作ることは良いと思いますがそうでないことに伏線は作りたくないということです。
つまり、色々な練習がある中で今まではこうだから!という事ではなく、ボート競技に適している、選手に適している練習を見出す事が必要だと。
それには、僕も含め選手の感じるという事が必然となってきます。
そして今、漕ぎのイメージでダイヤモンドという課題を共有し具体化しようとしています。
以前は脱力をイメージしておりましたが脱力という定義も中々難しく、敢えて硬いイメージのダイヤモンドを目標にしています。
これは、他種目を多く含め色んなトップアスリートの動きを観ていく中で、これかな?と思う共通点があったからです。これはコロンブスの卵的なものかもしれませんが意外に考えてこなかったことかなと!これで、怪我が少なく良いパフォーマンスに繋がれば成功かなと思います。
{8F5F5F14-C56F-4E0B-B2B3-64FD8EE20A79}

色んな事にチャレンジですね!