Pocket

昭和30年代にチェーンソーが導入される前は木材の伐倒は人の手作業で行われていました。
斧と鋸を使い受け口と追い口に切り込みを入れ、追い口に楔を打ち込み、隙間に鋸を入れて挽く事で、木が受け口側に傾き目的の方向に木を倒す事が出来ました。