Pocket

大台町(三重県)の人と会話していると、よく「やん」というワードが挿入されてきます。

例えば、
「AとBを分けなくても、いいですよ。」
というところ、東京で友だち同士では
「AとB、分けなくても、いいじゃん!」
ってなります。厳密に「じゃん」というのは横浜弁だと聞きましたが。
で、大台町だと、
「AとB、分けなくても、いいやん!」
だと、思っていたのですが、今日、大台町の人に、
「AとB、分けやんでいいです。」
とメッセージもらったんです。
お?
そこに挿入されるの?
今まで、語尾の「やん」かと思っていたのですが、否定語「なくて」の置き換えだったんですね。
なるほど、そこで「やん」が使われるのか!と「がってん」ボタン。
会話の中では、なんとなく意味が通じているのであまり意識していなかったのですが、メッセンジャーの文字で見ると、わかりやすい。

「やん」って大台町だけ? それとも三重県訛り? 関西弁とも違い、あまりテレビでは聞かない言葉にちょっと新鮮さを感じてます。
実は話しかけられて意味が分からなくて、いっつも言い直してもらっている人がいるんですよね。
「ん」は否定形。それを念頭に注意深く聞いてみよう。