Pocket


 
 9月30日、10月1日に岐阜県の川辺漕艇場で、第26回全国中学校新人競漕大会が開催されました。
宮川ボートクラブから5チーム11名が出場。その中で、男子舵手付クォドルプル(写真左側5名)では2位に3秒差をつけて優勝と、偉業を達成しました。
 10月10日には選手の皆さんが大台町役場を訪れ、大会の報告を行いました。チームのキャプテンである千原麗さんから、「今回の大会で手ごたえを感じる結果を残すことができました。地域の皆さん、家族、宮川ボートクラブのスタッフ、その他関係者の方々に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも応援よろしくお願いします。」と喜びの言葉を述べました。
 宮川ボートクラブは平成27年に発足、現在およそ20名の選手が所属しています。発足後、約2年での全国優勝という素晴らしい成績を残した選手たち。この大会に向けて、練習は毎日行っていたそうです。「自信があった」と話した千原キャプテン。日々の練習が自信につながっていたようです。尾上町長からは、「努力に敬意を表します。“やればできる”ということをこれからも伝えていってください。これからも町民みんなで声援を送り続けます。」とお祝いの言葉を送りました。
これからも『ボートの町、大台町』を盛り上げていただきたいです。
 
 
男子舵手付クォドルプル 優勝
コックス:大西 颯太(大台中学校2年)
整  調:宮本 郁哉(大台中学校2年)
3  番:千原  麗(大台中学校2年)
2  番:木下 雅功(多気中学校2年)
バ  ウ:小野ペドロ(大台中学校2年)
 
女子ダブルスカル 5位入賞
整  調:千原和々加(大台中学校1年)
バ  ウ:田口穂乃花(大台中学校1年)
 
男子ダブルスカル(準決勝敗退)
整  調:小野パウロ(大台中学校1年)
バ  ウ:宮本 大地(大台中学校1年)
 
男子シングルスカル
川竹葉来(大台中学校1年)(準決勝敗退)
土井曜太郎(菰野中学校1年)(敗者復活敗退)