Pocket

大台町婚活サポーター事業のMCTV(松阪ケーブルテレビ)での収録を見ながら、婚活について考えてみた。
放送の中でサポーターさんから、「まだまだ登録者数が少ないので、結婚をお考えの方は申込んでください。」とのメッセージがありました。
なるほど登録者数少ないのですね。
確かに本籍地にて「独身証明書」なるものを取得しなければならない、という点はハードルが高い。私も本籍地と言われると「・・・うん?、あそこかぁ・・・!」と遠い目になってしまう。
「結婚!となると・・・、とりあえず、どんな人が登録しているか、ちょっと覗かせてもらえば良いんだけど・・・。」となると、いまどき個人情報だ、なんだぁ、とうるさいんですよね。
例えば、facebookで「独身」というステータスにしている人は片っ端から仮登録に入れる、とか?
と、facebookのステータスを見てみると、
 

 
独身、交際中、婚約中、既婚、まではいいけど、
シビルユニオンからよくわかんなくなってくる。
おいらは「別居」か?
 
私は新規事業で業種問わずいろいろなフランチャイズを探していた時、「結婚相談所」のフランチャイズというのがあって、一度話を聞きに行ったことがあります。私の知り合いの音楽仲間は独身が多かったので。
結婚相談所に加盟すると、その相談所が持っている登録者データベースにアクセスできるっていうもの。そこは結婚成立すると成立料をもらう仕組みで、成立料の何%かが加盟店に支払われます。話を聞いていくと成立させるのはかなり難しそう。特に私の知っている音楽関係の人たちは音楽好きでずっと独身なだけで、別に結婚したいわけではない。「結婚したいの?」と聞くと、「結婚したい。」と答えるが婚活を行ってまで結婚したいとは思っていない。成り行きでそうなったらいいけど、程度。偶然を必然にしなければこの商売は成り立たない。加盟料をペイできる見込みがまったく立たず。。。
 
 
ということで、何もアイディアなしなので、とりあえず三重県の婚活サポート関係をググってみた。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
おまけ。
知り合いの漫才師。
彼女たちも結婚はしたい、と言っているが。。。